楽天市場コンタクトレンズ


眼障害の症状



 点状表層角膜症 (てんじょうひょうそうかくまくしょう)


点状表層角膜症点状表層角膜症は、
角膜の一番上にある上皮層の細胞が、
数個から数10個単位で脱落してしまっている状態。
いわば角膜の「スリキズ」です。
酸素不足やレンズと角膜の
まさつなどが原因で起こります。

ほとんどの場合、自覚症状はありませんが、
悪化すると角膜上皮の深い層まで脱落する
「角膜上皮びらん」になってしまいます。



角膜上皮・ボウマン幕・実質



 角膜上皮びらん(かくまくじょうひびらん)


角膜上皮びらん角膜上皮がはがれた状態(=びらん)。
「点状表層角膜症」が悪化して発症する場合や、
コンタクトレンズによる
機械的な障害などが原因で生じる場合があります。

また「角膜浮腫」など、
ほかの病気と合併することもあります。

軽症では主に、
異物感や目がしみるなどの症状があります。
重症では激しい目の痛みや充血が起こり、まぶたが腫れることがあります。
放置しておくと、「角膜浸潤」や「角膜潰瘍」にまで悪化してしまいます。



 角膜浸潤(かくまくしんじゅん)


角膜浸潤角膜にキズが生じ、
角膜上皮と実質に炎症を起こしている状態。
悪化すると、角膜上皮の一部がなくなり、
もっと深い層までダメージが進んで
「角膜潰瘍」になります。

通常、はげしい痛みや充血を伴いますが、
ソフトコンタクトレンズでは
自覚症状がない場合もあります。

また、ソフトコンタクトレンズの場合、
角膜上皮にキズがついても痛みが抑えられることがあるので要注意!
知らないうちにキズが悪化し、「角膜潰瘍」になってしまうこともあります。



 角膜潰瘍(かくまくかいよう)


角膜潰瘍「角膜浸潤」がより悪化し、
深いキズが角膜上皮から
実質にまで進行してしまい、
実質の一部が欠損した状態。
激しい痛みや充血を伴います。
角膜の上皮や実質の一部が
はがれ落ちたりキズついたりすると、
目のバリア機能が低下して、
細菌やカビ、アカントアメーバに
感染しやすくなってしまいます。

感染症が起こると潰瘍がさらに悪化し、ときには失明の危険もあります。
感染を伴った角膜潰瘍の多くは、ソフトコンタクトレンズ装用者にみられます。
レンズケアで重要な“消毒”の過程が正しく行われていないために感染を起こし、
角膜潰瘍を悪化させてしまうのです。



 巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)


巨大乳頭結膜炎おもにレンズの汚れが原因で、
上まぶたの裏側(=結膜)に
ブツブツができるアレルギー性の眼障害。

かゆみや目ヤニが増え、
レンズが上の方にずれやすくなります。
ソフトコンタクトレンズや
ガス透過性ハードコンタクトレンズを
使用している人に多くみられ、
最近は増加傾向にあります。
「アレルギー性結膜炎」などとの区別が必要です。



 ドライアイ(どらいあい)


ドライアイ涙の分泌量が少なくなったり、
涙の成分の
バランスが悪くなったりして、
目の表面(角膜や結膜)が乾く病気。

もともとドライアイの人もいますが、
コンタクトレンズの装用によって
ドライアイになったり、
症状が悪化したりする人もいます。



 円錐角膜(えんすいかくまく)


円錐角膜
角膜の中心部がうすくなって、

角膜が突出してしまう病気。

目をこすることが原因とされていますが、

コンタクトレンズ装用も原因となります。




 急性角膜上皮浮腫(きゅうせいかくまくじょうひ)


急性角膜上皮浮腫コンタクトレンズの
長期装用などで酸素が不足し、
角膜上皮細胞が代謝障害を起こして、
むくみ(=浮腫)が急に発症すること。
多くの場合、角膜上皮剥離を合併します。
レンズをはずした直後、
または数時間たった後に
激しい痛み、まぶしさ、涙、異物感、
視力低下が起こります。



 角膜上皮剥離(かくまくじょうひはくり)


角膜上皮剥離
角膜上皮が剥がれ、

脱落してしまった状態。

目を開けられないほどの

激しい痛みや刺激感を感じる。




 アレルギー性結膜炎(あれるぎーせいけつまくえん)


アレルギー性結膜炎花粉、ほこり、ダニなどが原因で
結膜(まぶたの裏側や白目の部分)が
アレルギーによる炎症を起こした状態。
コンタクトレンズのケア用品も
アレルギーの原因になる場合があります。
目や目のまわりがかゆくなったり、
白目が充血します。
炎症が強くなると目ヤニが増えてきます。

もともとアレルギー性結膜炎の人は
目からの分泌物が多く、コンタクトレンズに汚れがつきやすくなります。
汚れがつくと、さらに症状が悪化します。
アレルギー性結膜炎の人は、絶対にこすり洗いを忘れないようにしてください。



 シェーグレン症候群(しぇーぐれんしょうこうぐん)


おもに唾液や涙を分泌する機能が低下する病気で、
自己免疫疾患のひとつに数えられます。
唾液や涙が少なくなるため、目が乾く、口が渇くなどの症状が出ます。
コンタクトレンズの装用はできません。



 角膜浮腫(かくまくふしゅ)


角膜の水分量が増え、むくみ(=浮腫)が生じた状態。
コンタクトレンズによる角膜への酸素の供給不足が原因で起こります。
かすみ、視力低下、あるいは光をまぶしいと感じるようになります。